施工性・耐久性・耐震性を求める配管に、フレキ、ラセン管、伸縮管、波状管を製造・販売する会社です。

現在位置Home > 企業情報 > 沿革

沿革

昭和22年10月
作田隆彌初代社長が東京都板橋区にて創業。当時の名称は作田螺旋管製作所。
昭和30年4月
東京都青梅市に青梅工場を新設。
昭和31年5月
東京都板橋区に編組工場を新設。
昭和32年8月
青梅工場にて継目螺旋管製作に着手。
昭和35年6月
株式会社昭和螺旋管製作所と改称し、法人組織に改組。資本金100万円
昭和36年8月
東京都板橋区に本社工場を新設する。
昭和38年12月
資本金を300万円に増資。
昭和39年6月
資本金を600万円に増資。
昭和40年3月
本社工場に隣接して新工場を増築する。
昭和40年6月
広島県広島市に広島営業所を設立する。
昭和41年4月
資本金を1200万円に増資。
昭和43年2月
広島県広島市に広島工場を新設する。
昭和47年3月
東京都北区に浮間工場を新設する。
昭和48年10月
鹿児島県喜界島に喜界島工場を新設する。
昭和52年10月
第一種圧力容器製造許可工場となる。
昭和55年7月
日本水道協会検査工場に認定される。
昭和57年10月
初代社長作田隆彌逝去に伴って作田シンが社長に就任。
平成3年5月
茨城県水海道市に茨城工場を新設し、ステンレス波状管製造の量産体制に入る。
平成8年12月
大阪市港区に関西営業所を設立する。
平成9年7月
喜界島工場を閉鎖し、浮間工場隣接地に設備を移転する。
平成10年4月
作田シン社長が会長に就任し、梅田博が社長に就任する。
平成12年7月
広島工場を閉鎖し、営業所とする。
平成13年6月
茨城工場が品質管理の国際規格ISO 9001の認証を取得。
平成14年 9月
愛知県名古屋市に中部営業所を設立。
平成15年11月
拡大に伴い、本社を現住所に移転する。同月、埼玉県深谷市に埼玉工場を新設。
平成16年4月
常務取締役 佐々木 勇が代表取締役社長に就任し、代表取締役社長 梅田博が代表取締役会長に就任する 。
平成18年1月
埼玉工場が品質管理の国際規格ISO 9001の認証を取得。
平成19年12月
浮間工場が品質管理の国際規格ISO 9001の認証を取得。
平成20年4月
常務取締役水上 浩次が代表取締役社長に就任し、代表取締役社長 佐々木 勇が代表取締役会長に就任する。
梅田 博会長は取締役相談役に就任する。
平成22年3月
第13回板橋経営品質賞大賞受賞。
平成24年2月
      6月
      6月
      6月
社内カンパニー制導入。

茨城工場に環境事業部を発足。
本社、埼玉工場、浮間工場、茨城工場が環境管理の国際規格ISO14001の認証を取得。
平成26年4月
取締役会長 佐々木勇が代表取締役社長に就任し、代表取締役社長 水上 浩次が取締役埼玉カンパニープレジデントに就任する。
↑Page Top
スマートフォンサイトを見る